理系が狙い目|塾講師になるテクニックを披露

個別指導塾のスキル

子供と成人

複数科目教えられる

全国には個別指導塾も数多く開講していて、そこで働いている塾講師も少なくありません。個別指導塾では1回の授業で、生徒1人から3人程度までを担当することが多いです。また集団塾とは異なり、生徒のニーズに合わせて時間割や授業内容が決まる傾向があります。だから1科目しか教えられない塾講師が多いと、授業の調節ができない場合もあります。そうなると得意でない科目の授業を担当して、無理やり教えなければならないという状況も発生してしまいます。そうなると質の高い授業を確保することが難しくなります。このような背景から、複数科目を教えられる塾講師は重宝される傾向にあります。特に数学や理科といった理系科目を教えられる塾講師は少ないため、理系科目を複数教えられると尚良いでしょう。

バランスが大切

個別指導塾では塾講師1人に対して、生徒1人から3人程度受け持つ授業形態が一般的です。また授業時間も90分程度に設定している塾が多いです。そのため個別指導塾で塾講師として働く場合、生徒毎の指導バランスを取ることがとても大切です。例えば90分の授業で生徒3人を受け持つ場合、生徒1人当たりの指導時間は30分が目安です。しかし教える生徒は、それぞれ学年も理解力も異なるので30分ずつ指導するのが困難なこともあります。理解力が良い生徒は短時間で、逆に理解が進まない生徒には厚めの指導を行うなど、生徒1人1人の能力に合わせてバランスの良い指導を行うことがとても重要です。個別指導塾の塾講師には、メリハリが効いたバランスの良い授業を行うことが求められています。

家庭で勉強を教える

先生

家庭教師のバイトは、高給で自分の好きな時間に働けるなど好条件で働くことが出来るので人気がある仕事となっています。トラブルを避ける為には、リスクを減らし安全に授業が受けられるようにすることが大事になります。

もっと見る

やりがいと高収入

先生と生徒

塾アルバイトはやりがいと高収入が両立できるため、人気のアルバイトとして確立しています。学業と両立しやすいため大学生に特に人気です。集団指導と個別指導という方法があり、それぞれ向き不向きもあるので、自分にあった形式の塾を探すようにしましょう。

もっと見る

楽しく仕事をするには

勉強

塾講師として楽しく仕事をするためには、生徒だけでなく他の塾講師と仲良くすると良いです。はじめは1人の講師で良いので、仲良くしていくと良いでしょう。また早く職場に馴染むために、初めのうちはなるべく多くシフトを入れると良いでしょう。また、夏期講習や冬期講習に多くシフトを入れるなどの工夫も必要です。

もっと見る